【簡単】Webライターの始め方を3つのステップで解説【1ヶ月で5万】

         

「副業の中でもWebライターが稼ぎやすいって聞くけど本当?」
「Webライターって具体的にどうやったらなれるの?勉強は必要?」
といった疑問にお答えします。

Webライターは完全未経験からでも稼ぎやすい職業です。

この記事を書いている大学生の僕は、完全未経験からWebライターを始めて初月で5万円を稼ぐことができました。

Webライターを始めるのはすごく簡単で、この記事を読んですぐに行動すると、正直明日にも仕事をとれます。

今回は、そんなWebライターの始め方を詳しく解説していきます。
2分くらいで読めますので、ぜひ最後までご覧ください。

Webライターの始め方

Webライターを始める手順は以下のとおり。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. ライティング案件に応募する
  3. ひたすら仕事をこなす

順番に解説していきます。

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、副業やフリーランスとして仕事を請けることができるサービス。

Webライティングの未経験者の僕が仕事を請けることができたのも、このサービスを有効活用したからです。

有名なものが上記の3つ。
全て登録しておくのをおすすめします。

ちなみに、サグーワークスというライター専門のクラウドソーシングサイトもあります。
テストに合格すると、プラチナライターになって高単価の仕事を請けやすくなるので、自信が付いてきたら挑戦してみましょう。

ライティング案件に応募する

早速ですが、仕事に応募しましょう。
自分が書けそうだなと思うジャンルの仕事に応募するのがポイント。

仕事に応募する際に意識する点

  • プロフィールを充実させる
  • しっかりとした提案文を送る
  • ブラックな仕事を見極める

プロフィールはみささん(@misaprog)の記事を参考に整えましょう。
【実証済】クラウドソーシングでスカウトが来るプロフィール文を公開

提案文の書き方は、僕が以下の記事で詳しく解説しています。

【今すぐ使える】クラウドソーシングでの提案文の書き方を解説

ブラックな仕事の見極め方

クラウドソーシングにはたくさんのWebライティングの仕事がありますが、請けてはいけないものもあります。
以下のようなものは注意しましょう。

  • 評価が低い・ないクライアントの仕事
  • ライティングを学びながら仕事ができる!といった謳い文句で極端に単価が低い仕事

評価が低いクライアントと契約すると、トラブルが起きやすいので注意。
特に評価がないクライアントで、単価が無駄に高かったりするものは、詐欺まがいのものに誘導されることも。

後述しますが、文字単価0.1円といった極端に単価の低い仕事も請けないようにしましょう。

Webライターになるために学習は必要?

結論:必要ありません。

なぜなら、Webライティングの仕事の多くにはマニュアルがあるから。
マニュアルをしっかりと読み、その通り記事を書ければ問題ありません。

僕はWebライターになると決めた翌日に、実際に仕事を取ることができました。

学習するのも大切ですが、Webライターになるためのハードルはとても低いので、とりあえず始めてみましょう。

不安な人はこちらの沈黙のWebライティングを読んでおくのがおすすめ。
Webライティングに必要な基礎知識が漫画形式で分かりやすくまとめられていて、どんなものかといった感覚がつかめると思います。

ひたすら仕事をこなす

仕事を請けることができたら、後はとにかくライティングしましょう。
文章を書くのに自信がなくても、記事を書いていれば徐々に慣れるものなので。

ライティングの仕事をする際に意識する点はこちら。

  • 記事の誤字脱字をチェック
  • 返信を早くする
  • 納期に遅れない

いくら未経験でスキルに自信がなくても、上の3つは意識次第で誰でもできますよね。

しかし、世の中のフリーランスの多くは、この様な当たり前のことをできない人が多いです。

このような始末を「Webライターガチャ」という発注者もいるほど。

このような当たり前のことを、当たり前にこなすだけで周囲との差別化ができ、継続依頼にも繋がります。

Webライターではどのくらい稼げる?

本業としてなら月3〜5万ほど、副業としてなら月1万ほどを初月から目指せるかなと。

個人差はありますが、Webライター歴1年で月20〜50万をコンスタントに稼いでいる方も結構いらっしゃいます。

Webライターは文字単価という基準で報酬が決まる

文字単価とは、1記事で何文字書いたかによって収入が変化する計算方法で、

  • 文字単価1円、3000字の記事→3000円。
  • 文字単価2円、5000字の記事→10000円。

といった感じ。

文字単価が1円から2円になると、単純計算で収入は2倍。

文字単価はWebライターの収入に直結するのです。

文字単価1円を目指そう

初心者のWebライターは、まず文字単価1円を目標にしましょう。
未経験ではじめての仕事を請けるなら、文字単価0.5円〜1円が狙い目です。

というのも、例えば0.1円の仕事を請けた場合、2000文字の記事を2時間で書いても時給100円。

中学生のお小遣いレベルの仕事を請ける価値はないのでやめましょう。

僕が始めて請けた仕事は0.5円。Webライター歴2ヶ月ほどで、現在は文字単価1〜2円です。

ぶっちゃけ、文字単価1円の仕事は初心者でも全然できます。

でも実績がないと採用されにくいので、まずは0.5円くらいの仕事を請けるのがおすすめ。

Webライターで成長していく方法


Webライターを始めたすぐは正直言うとアルバイトよりも稼げません。

しかし、Webライターはアルバイトと違って、収入を大きく伸ばすことができます。

ここではWebライターとして成長していく方法を解説します。

どんどん単価の良い仕事に応募しよう

Webライターは、たくさんの仕事に応募しつつ、5人ほどのクライアントと同時並行で進めていくのがおすすめです。

それも、継続して仕事を発注してくれていたクライアントから、ある日突然キッパリと依頼がこなくなることもあるため。

1人のクライアントからしか仕事を請けていない場合、その瞬間収入はゼロになってしまいます。

僕も過去に、良い関係を築けていると思っていたクライアントからの連絡が突然途絶えた経験が…

リスク分散として、複数のクライアントと契約しておきましょう。

また、たくさんの仕事に応募すると、条件の良いクライアントさんに当たる確率も上がります。

返事が来なくても萎えずに、どしどし応募するのがいいかなと。

単価交渉は積極的に

フリーランスでWebライターとして活動するなら単価交渉は大切です。

なぜなら、フリーランスで収入を上げていくためには、自分から行動しなければあまり変化しないから。

関係が悪くなってしまうのが怖いという人もいるかと思いますが、大抵のクライアントは、信頼できて優秀なライターは単価を上げてでも繋ぎ止めたいと思っています。

というのも、ライターを再び募集するのは面倒だから。

なので、信頼関係を結べていると感じたら積極的に単価交渉をしていきましょう。

単価交渉のやり方は、以下の記事が参考になります。
実践しないと損!Webライターの単価交渉の方法【テンプレ有】

まとめ:今日から行動しよう

最後にまとめますとWebライターは、

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. ライティング案件に応募する
  3. ひたすら仕事をこなす

の3つの手順で簡単に始められます。

副業や、大学生のバイトの代わりとして、気軽にインターネットで収入を得てみたいといった方にとてもおすすめの仕事です。

自分に合わなかったとしてもやめれば良いだけで、特に何のリスクもありません。

ぜひ挑戦してみてください。

クラウドソーシングサイトの登録はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。